帳簿を誤魔化すと振りかかる

帳簿を誤魔化すと振りかかる

何でもそうですが長年慣れ親しんでくると自分がしていることが会社に任されてしてるのに感覚が麻痺してきて自分の私物の様に勘違いする時が出てきます。慣れると仕事自体にいわゆる誤魔化し生まれてきますね。今だけこうしておこう後で手直しすれば良いとかといった様な事がだんだん繰り返されてきます。後で手直しする事の動作さえやってはいけないことなのに手直しができない事が必ずと言っていいほど生まれてきます。経理で言えば会社のお金であるのに自分のお金の如く自分のいいように操ってしまう、最初は少しの金額がだんだんと大きくなり感覚が麻痺してしまう。会社の同僚と仲が良かったりすると、そんな人間ばかりでは無いけどお金の相談をしてくる輩もいる。それは結局意図的に少しの期間何とか融通をしてもらいたいが為の裏がある。頼まれ頼まれ断れなくなって1度でも融通すると、そんな輩は同じ事を繰り返す。結局融通が効くとか効かないとかではなく。1度でもそれは絶対120パーセントしてはいけない事、結果オーライの問題ではない。他人の為にした事でも会社のお金は自分の物ではなく他人の物であるから同罪なのである。1度でもすると結果後ろめたくなりその場所には居れない。自主退職が結末